筋肉は休息中に超回復が起きて成長する!



筋力トレーニングは、毎日やればいいというものではなく、

どのくらいの頻度でやるかが重要です。



特にトレーニング経験の少ない初心者は、

この頻度について誤解されている人が少なくないようで、

根性論的に毎日頑張れば、それだけ筋肉も成長すると思い込んでいるようです。



ですが、毎日同じ部位をトレーニングすると、成長どころか逆効果になってしまいます。



ただし、体脂肪燃焼を目的に、

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を毎日行っている人は、

それはとても立派なことです。



有酸素運動は、体脂肪を燃焼するという効果があり、

それを積み重ねることで効果が目に見えてくるので、

頻度を高めて、毎日でもやれるだけやったほうが理想的な運動です。



しかし、筋肉の成長を期待する筋力トレーニングは、

しっかり頻度を意識して、頑張り過ぎないことが必要です。




トレーニング後の筋肉は、疲労して筋線維が破壊された状態になりますが、

休息を取ることで、その期間中に破壊された筋線維が再合成されて回復し、

前のレベルよりパワーアップして生まれ変わります。



こうして回復した時点で、またトレーニングをすれば、

右肩上がりに筋肉は成長していきます。



このサイクルを利用して繰り返すのが理想的な筋力トレーニングになるわけですが、

この現象を“超回復”と呼んでいます。



この超回復を起こすための休息時間は、

トレーニングの強度によって違いますが、一般的には48~72時間といわれています。



しかし、かなり強度を上げたり、慣れないトレーニングをした後は、

完全に回復するまで1週間以上かかることもあります。



なので、適切な負荷でトレーニングした場合の頻度は、

中2~3日くらい空けるのが理想的ということです。



ただし、今日は胸、明日は脚、明後日は背中というように

部位を変えるなら毎日に行っても問題ありません。



ですが、休息を考えずトレーニングを行えば、筋力は確実に低下し、

さらに続けると、どんどん筋力は低下する一方で、

最悪は完全に筋線維が破壊されて怪我につながります。



もし「記録が停滞している・・・」「なんとなく体がだるくて、やる気が出ない・・・」

といった感じがあるようなら、

回復が不十分でオーバートレーニングに陥っている危険性があります。



もし、疲れが蓄積していると思う時は、

負荷を軽くしてトレーニングするのも、一つの方法です。



まずは、頑張り過ぎず、しっかりと休息を取ること、

そして、休みすぎないことも頭に入れてトレーニング計画を立てましょう。


WS000313.JPG





場所を取らずに自宅で簡単にできるという「日本人男性専用トレーニング」を始めてみませんか!

詳しい内容は下の公式サイトをご覧下さい。