命にかかわる病気につながる危険なメタボリックシンドローム!



20歳代の若い頃は、スリムでカッコいいスタイルでも、

スタイルを維持するためのことを何もしていないと、

40歳を過ぎた頃から目立って筋肉が衰え、

内臓に脂肪が溜まるようになり、お腹がポッコリと出てスタイルも崩れてきます。



40歳代になり「食事量は変わらないのに、太ってきた・・・」

と感じている方は多いと思いますが、筋肉量の減少から基礎代謝量が低下すると、

1日あたりの総消費エネルギーが減るということなので、

若い頃と同じ食事量と生活リズムを続けていれば、太ることは必然的な結果です。



しかし、このまま何の対策も講じないで過ごし、

体脂肪が蓄積して太り続けては大変なことになりますし、肥満は健康の大敵です。



こうして肥満体型に陥ってしまった方の中には、

健康診断でメタボリックシンドロームと診断されたことがあるのではないでしょうか。



メタボリックシンドロームとは、お腹の内臓の周囲に脂肪が溜まる内臓脂肪型肥満で、

中性脂肪、血圧、血糖値を測定して、このうち2項目以上、

基準値を超えた場合に指摘され、

さまざまな生活習慣病になる危険性の高い状態のことをいいます。



見た目としては、男性の場合、ウエスト周りが85cm以上、

女性で、90cm以上がメタボリックシンドロームの目安になります。



このメタボリックシンドロームといわれる肥満体型は、

糖尿病、心筋梗塞、脳卒中など、命にかかわる危険な病気になるリスクを高めるので、

早急に肥満を改善しなければなりません。



WS000278.JPG




☆ 内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満



体に蓄積する体脂肪は、

内臓のまわりに付く「内臓脂肪」と皮下に溜まる「皮下脂肪」の2つがあり、

内臓脂肪による肥満を「内臓脂肪型肥満」、

皮下脂肪による肥満を「皮下脂肪型肥満」といいます。



また、皮下脂肪による肥満は、女性に多く、

下半身を中心に蓄積され丸みをおびるので「洋ナシ型肥満」、

内臓脂肪による肥満は、男性に多く、

お腹まわりを中心に蓄積するので「リンゴ型肥満」とも呼ばれています。



そして、「内臓脂肪型肥満」の方が、メタボリックシンドロームになり、

危険な病気に結びつくことになります。



メタボリックシンドロームと診断されるのは、

とても危険な状態で早急な対策が必要ですが、

だからと言って慌てて間違ったダイエット法を行っては、

さらに健康を害してしまいます。



内臓脂肪は、“付きやすいけど落ちやすい”という特徴があります。



ですので、慌てずに、まずは、不規則な食事、食べ過ぎの食事を改め、

じっくりと正しいダイエット法を行えば、確実に内臓脂肪は減り始めます。



健康診断で、メタボリックシンドローム、あるいは、その予備軍と診断された方は、

ぜひ、日本人男性専用トレーニングで肥満体型を改善しませんか!



日本人男性専用トレーニングの詳しい内容は下の公式サイトをご覧下さい。