有酸素運動だけで痩せるのは難しい!



戦前や戦後の日本には、肥満の人はほとんどいなかったそうですが、

最近は、肉類を中心としたタンパク質や、

ご飯、パン、ラーメン、そば、うどん、パスタなどを

主食として炭水化物を多く摂り、

さらに、デザートに脂肪分が多く含まれているスイーツ類を

食後に食べるなど、

あきらかに太りやすい食事内容になって、肥満に悩む人が増えています。



また、独身の男性サラリーマンなどは、

朝はコンビニやファストフードで簡単に済ませて、

昼は、大盛りの定食をお腹いっぱい食べて、

夜は、仲間と居酒屋へ行って、

高カロリーの揚げ物や肉料理などをつまみにして酒を飲み、

締めは、ラーメン店へという人が多く、肥満になる食生活となっています。



そんな中、なんとか肥満を解消しようと思い、

ダイエットを志す人が大勢いらっしゃいます。



実際、早朝から街の中をウォーキングやジョギングしている人を

よく見かけますし、スポーツジムを覗いてみると、

ランニングマシンやエアロバイクを使って汗を流している人が目立っています。



WS000217.JPG



このように、ダイエットといえば、

ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳、エアロビックスなどの

有酸素運動が代表的な運動として挙げられ、

ダイエットの王道とまでいわれています。



しかし、多くの人が、

有酸素運動の効果に期待を持ち過ぎているように思われます。



確かに、有酸素運動は、体脂肪を燃焼するという効果がありますが、

その量は、ほんの微々たるものでしかありません。



例えば、体重約60キログラムの人が、

1時間汗を流して、8キロメートルのジョギングをしたとすると、

約480キロカロリーの消費量になります。



480キロカロリーという数値だけを見れば、

そこそこの消費に思われるかもしれませんが、

これを体脂肪1グラムを7キロカロリーとして換算すると、

480÷7で、約69グラムとなります。



ですが、この約69グラムが、

全て体脂肪の燃焼に使われるわけではありません。



運動を始めて、最初は体内の糖質がエネルギーとして使われるので、

基本的に体脂肪が燃焼されるのは、その半分とみるべきで、

実際の体脂肪の燃焼量は、約35グラムになります。



1時間、たっぷりと汗をかいて頑張っても、

わずか35グラムの燃焼にしかならず、

時間を多くかける割には効率が悪く、

有酸素運動だけで痩せるのは難しいというわけです。



それよりも、1日数分の筋力トレーニングで、

筋肉を鍛えて基礎代謝量を高めれば、

これといった運動をしなくても、

1日あたりの総消費量を高くすることができて、

ダイエットを効率よくスムーズに行うことができます。



そもそも、忙しい毎日を過ごしているサラリーマンなどは、

休日以外に、なかなか運動する時間を確保することができません。



そこで、

「ダイエットを始めたいけど、忙しくて時間がない・・・」

という男性の方に、

場所を取らずに自宅で簡単にできるという

日本人男性専用トレーニング」をオススメします!



この「日本人男性専用トレーニング」は、

セクシーフィットネス所属の全国指名数№1のパーソナルトレーナーのユウジが、

20年のトレーニング指導経験からのノウハウをもとに作りだした

自宅専用トレーニングです。



ぜひ、「日本人男性専用トレーニング」を始めてみませんか!



詳しい内容は下の公式サイトをご覧下さい。


日本人男性専用トレーニング