糖質をカットする食事制限には大問題となるデメリットが・・・



毎日、暴飲暴食を続けて、

完全に食べ過ぎの食生活が原因で太ってしまった人は、

まずは食事コントロールして適正な食事量に戻すことが必要です。



また、ダイエットを始めようと考えている人の多くが、

最初に行うのが、食事制限ではないでしょうか。



このように、ダイエット=食事制限という強いイメージがありますが、

実際、食事制限だけの手法で痩せるのは簡単なことではありません。



しかし、体重の減少を大きく左右するのは食事で、

ダイエットと食事は切っても切れない密接な関係にあります。



いくら運動を重ねて消費量を高めても、

それ以上のエネルギーを食事で摂取していては何の意味もありません。



ダイエットをするうえで、

毎日の食事から摂取するエネルギー量をしっかりと管理するという

食事コントロールが大前提となります。



食事制限で体重を減らそうとする人がよく行うのが、

脂肪分や糖質を控えるという食事法です。



巷では「低糖質ダイエット」といって、

ご飯、パン、そば、うどん、パスタなどの主食を減らす食事法が、

一時期話題になりました。



WS000182.JPG



確かに、糖質を控えて、

摂取するカロリーを減らした食事を摂っていれば、

体重は減少していきます。



しかし、低糖質ダイエットには、

大問題となるデメリットが二つ潜んでいます。



まず一つは、糖質が不足することで体がエネルギー不足と判断して、

飢餓状態にシフトチェンジしてしまうことです。



体が飢餓状態にあると判断すると、

蓄えていた体脂肪をなるべく消費しないようにして、

逆に体脂肪を使わずに蓄積させようとします。



また、体はエネルギーを蓄えるために、

最も多くのエネルギーを消費する筋肉を減らし、

さらに、体の活性を抑え、体温も下げるなどして、

消費量を減らそうとしてしまいます。



すると、痩せにくくなるだけでなく、疲れやすくなったりと、

さまざまな体調不良があらわれるようになってしまいます。



次に問題になる点が、糖質不足から、

インスリンの分泌が抑制されて、

筋肉の合成が抑制されてしまうことです。



筋肉の合成がされないということは、

いくら筋力トレーニングで筋肉を鍛えても、

筋肉が成長しないということになります。



こうした低糖質ダイエットのデメリットを意識し、

もし、糖質を制限するなら、極端に糖質カットにならないように注意し、

また、ある程度、体重が落ちたら、

少しづつ糖質を元に戻すようにしましょう。



そして、基礎代謝量を高めて、

さらに、有酸素運動を加えるなどして

消費量をアップすることが必要になります。





そこで、もし、ダイエットを始めようという考えがあるなら、

セクシーフィットネス所属の全国指名数№1の

パーソナルトレーナーのユウジが、

20年のトレーニング指導経験からのノウハウをもとに作り出した

トレーニングプログラムの「日本人男性専用トレーニング」をオススメします!



ぜひ、健康的で、しかも、モテ男ボディのカッコいい体型を目指して下さい!



日本人男性専用トレーニング」の詳しい内容は

下の公式サイトをご覧ください。


日本人男性専用トレーニング